【超最新版】リビドーロゼって本当に効果ありなの?なしなの?と迷っている方へ、新旧リビドーロゼを愛用して1年になる私が実際に感じている効果や、ここはいまいち…と感じている点を実際のエピソードを交えてわかりやすく丁寧にレポートしました!また、リニューアルされたリビドーロゼについてどこよりも詳しくレビュー!リビドーロゼの購入を検討している方、ぜひ参考にしてみてくださいね!

リビドーロゼは効果あり!と愛用中の私が言い切る理由

リビドーロゼの人気の秘密は全成分にあり?詳しく解説!


リビドーロゼ
は、その香りで多くの男性を惹きつけてしまうという

他の香水とは一線を画す特別な香水です。

そんなリビドーロゼ、一体どんな成分が配合されているのでしょうか!?

全成分を紐解いて、人気の秘密を分析してみます!!

 

リビドーロゼの全成分


リビドーロゼの全成分はこちらです。

 
エタノール・DPG・香料・イランイラン花油・キイチゴ果汁・BG・クランベリー果汁・マルトデキストリン・リン酸3Ca・ブドウ葉エキス・水


この中で、リビドーロゼの特徴と言える成分は
 
  • 香料
  • イランイラン花油
  • キイチゴ果汁
  • クランベリー果汁

ですね!

それぞれもう少し詳しく見ていきたいと思います!

 

① 香料

この「香料」の中に実はリビドーロゼの1番の特徴である「オスモフェリン」が含まれています。

リビドーロゼ全成分オスモフェリン

この「オスモフェリン」はフェロモンを意識した香りの成分
女性の排卵期に作り出されるフェロモン物質と言われています。

男性がこの「オスモフェリン」を嗅ぐと
唾液中テストステロン値(=男性ホルモン)が正常時の2.5倍まで増加して軽い興奮状態になるとか!

その結果、思わず目の前の相手に恋愛感情を抱いてしまう…というすごい成分なんです。

海外では「オスモフェリン入り香水の持ち込み禁止!」とされている高校もあるほど有名な「恋愛促進分泌物」。

「男性の本能に働きかける」というところがポイントですよね!

実際に嗅ぐと独特な印象を残すそうですが、
リビドーロゼでは微量使用することによって男性への印象を高め、刺激するそう調合されているそうです。

 

② イランイラン花油

リビドーロゼの香りといえばまずこの「イランイラン花油」です。


リビドーロゼ全成分イランイラン花油

イランイラン花油は、抑圧された感情を解放し、セクシャルな気分を引き出すといわれていて、「催淫効果がある精油」として広く知られています。

私はリビドーロゼ以外でも、イランイランがメインのアロマオイルを持っていますが、エキゾチックな香りなのにすごく癒されるんですよね。
個人的にすごく好きな香りです!

リビドーロゼでは、イランイランの花から水蒸気蒸留で製油を抽出しているそうです。

 

③ キイチゴ果汁

リビドーロゼ全成分キイチゴ果汁

リビドーロゼの香りの特徴の1つである「甘酸っぱいベリーの香り」
この正体は「キイチゴ果汁」だったんですね!

 

④ クランベリー果汁


リビドーロゼ全成分クランベリー果汁

「甘酸っぱいベリーの香り」のもう1つの正体がこの「クランベリー果汁」
マダガスカル産のアンボラという植物から抽出した成分だそうです。

キイチゴにクランベリー…
リビドーロゼの女性らしい甘い香りはこの2つの成分が作り出していたんですね!

それ以外の成分は?


上記以外の成分についても簡単に触れてみたいと思います。

 
  • 【エタノール】
    香水には必ず使われる成分ですね。

    香水の香り成分はほとんどが油性の物質で水では溶けないため
    エタノールに溶かしています。
    また、防腐効果もあります。
 
  • 【DPG】
    ジプロピレングリコールと呼ばれるものです。
    溶解度が高く化粧品や香料の溶媒として使われることも多いのがDPG。
    刺激性はほとんどなくボディーケア用品(ベビー用品含む)に多く使われています。
 
  • 【BG】
    ブチレングリコールと呼ばれるものです。
    保湿効果や抗菌効果のある成分。
    さっぱりした質感で刺激もほとんどなく安全性が高いことから化粧品の基本成分としてよく使われています。
 
  • 【マルトデキストリン】
    化粧品自体を安定させる添加成分としての用途や、酸化などの品質の劣化を防ぐ役割があります。
    もともと食品に使われていた成分ということからも安全性の高さがわかります。
 
  • 【リン酸3Ca】
    固化防止剤としての役割があり、ベビーパウダーなどにも使われています。
 
  • 【ブドウ葉エキス】
    肌のキメを整えたり、肌荒れを防ぐほか血行促進効果によってくすみも防止することができます。
 

リビドーロゼのアルコール濃度は?

リビドーロゼは、今見ていただいてわかるように「植物由来」成分がとても多いんです。
それはなぜかというと
お肌のデリケートな部分(内もも・うなじなど)にも問題なく使えるように、
刺激の強い成分を使わないことにこだわっているからなのです。

とはいえ、アルコール成分で肌がかぶれてしまうような敏感肌の方は濃度も気になりますよね。

リビドーロゼは香水の中では「オードパルファン」に分類されます。

 

  香水の分類
オーデコロン・・・香料濃度 1〜5%  持続時間 1〜2時間
オードトワレ・・・香料濃度 5〜10% 持続時間 3〜4時間
オードパルファン・・・香料濃度10〜15% 持続時間 5〜7時間
パルファム・・・香料濃度 15〜30%   持続時間 5〜7時間 

 


つまり香料の濃度は10〜15%です。
ただし、香りの持続時間から見るとオードトワレもしくはオーデコロンに近いですね。

この辺りの配合や成分の詳細な情報は公開されていないので、断定できませんが
普通の香水より、デリケートな部分につけることを想定して成分が配合されているので
敏感肌の方も安心して使っていただけると思いますよ。

心配な方は、購入後パッチテストをしてから使われると良いですね!



 

リビドーロゼ全成分からわかること

リビドーロゼの全成分を紐解いてみると、
 
 男性の恋愛スイッチを刺激するホルモンを増大させる役割=「オスモフェリン」「イランイラン花油」
 特徴的な女性らしい甘い香り=「キイチゴ果汁」「クランベリー果汁」


ということがわかりました!

もちろん「香料」と記載されている中には、オスモフェリンのほかにもリビドーロゼを支える多くの香り成分が配合されています。


このようにリビドーロゼには
男性の本能を刺激するように研究された成分が詰まっているんですね!

>>私が感じたリビドーロゼの効果を詳しくまとめています!

 

関連ページ



はじめまして。
このブログを書いているりかと言います。

大好きな彼と同棲を初めて
本当に幸せな毎日だったのに、
いつの間にかマンネリな関係になり、
二人の将来すら危うく思えて落ち込んでいた時、
リビドーロゼに出会いました。

ほんの少しでもいいから
何かいい変化があれば…と思って
使い始めたんですが、
私たちがリビドーロゼと相性がとても良かったのか
使い始めたことをきっかけに
二人の関係もどんどん良くなっていきました!


それ以来ずっとリビドーロゼを愛用しているので
リビドーロゼに興味がある方や
購入したくて情報を探している方に
少しでもお役に立てたら…と思い
このブログを書いています。

 



 
\1年使い続けてます/
リビドーロゼの公式サイトはこちら リビドーロゼ効果あり